試算表作成

試算表は、勘定科目別に借方・貸方の合計金額や残高を一覧表にしたもので、仕訳帳から総勘定元帳への転記にミスがなかったかチェックするために作成します。決算予備手続の段階で行われます。

貸借対照表

貸借対照表は企業が事業活動を営むにあたりどれだけの資金を外部から調達し、その調達した資金をどのような事業活動に投資し運用しているのかという企業の財政状態をあらわしている表のことです。B/S(バランスシート)とも言われています。

損益計算書

諸活動の結果が利益・損失のいずれであったかを計算し、それを一定の書式にまとめたものが損益計算書です。

製造原価報告書 等

製造原価報告書とは、製造業における製造費用の状態を示す財務諸表。CRと略されます。期首の材料・仕掛品在庫+当期製造費用(材料費、労務費、製造経費)-期末の材料・仕掛品在庫という算式で算定される当期製造原価を算出します。

帳簿作成

会計帳簿とは、企業等が取引上その他営業上の財産に影響を及ぼすべき事項を記載した帳簿です。

振替伝票

振替伝票とは入金取引・出金取引以外の取引に使用する伝票で、借方、貸方それぞれの科目名を記入するようになっている。振替伝票は、日々の取引を書き留めるメモ帳の役目を果たすもので、「お金が動いた時」「自動引き落としのお知らせを受け取った時」などは振替伝票に書き留めておきます。

総勘定元帳

総勘定元帳とは、勘定科目ごとに全ての取引を記載する勘定口座を集めた会計帳簿である。単に元帳とも呼ぶ。仕訳帳とともに主要簿を構成する。総勘定元帳には仕訳帳からすべての取引が転記され、期末には、総勘定元帳から、貸借対照表、損益計算書を作成します。

勘定科目内訳書 等

勘定科目内訳明細書とは、法人税の確定申告書の添付書類の一つ(法人税法施行規則第35条)で、決算書の勘定科目ごとの詳細を記載したものです。

サービス内容

お気軽にお問い合わせください。0744-33-5974

メールでのお問い合わせはこちら